経験ゼロからのFX投資・株も始めました
FXで投資資金の半分を失った…。しかし、学ぶことも多かった。株もやる気になったし、FXと株を上手に使って資金を増やすぞ~!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FX「スイングトレード」テクニック
昨日の投稿で、サポートラインのことをレジスタンスラインと書いていました…。あー恥ずかしい(--;)もう昨日の日記は訂正しておきました。サポートラインとレジスタンスラインは後日にでもまた用語に書いておきます。自分の戒めとして☆

さて今日は読書感想です。
読んだ本は『田平雅哉のFX「スイングトレード」テクニック』です。著者はFXで元本を一ヶ月で倍にしたドクターで、もうFX界(そんな界あるのか?)では有名な人だと思っております。私がFXを始めたのはこの人の本を読んだからなんです。

今回は中級者向けのFX本ということで、初心者が陥りそうな「負ける投資家」はどういう行動をしているかを露わにし、逆にそうならないように気をつけようという勧告と、投資哲学について、さらに前著で書いていたテクニカル指標をさらに効果的に使うためのテクニックの紹介でした。

この「負ける投資家」の話ですが、こういうのが一番参考になるんです。成功話をされて、「だからあなたもこうしなさ~い!」っていうのは大して参考にはなりません。以前にホリエモンの本を読んだときにも彼はそういうようなことを言ってました。失敗話を聞いたらそこから学ぶことができるので、同じ失敗を避けることができる、と。確かにそのとおりだと思います。投資のような「お金」が絡む話になると、時として冷静な判断ができなくなります。または無意識に負ける方向へ動いてることに気付かないことがあります。

勝率にこだわるが故に利益が少なく、逆に損切りができずに含み損がたまってロスカットされるとか、ホントにそういう時期ありました。経験するとわかるんですが、利益がつくと「この利益が消し飛ぶ前に確定を…!!」と焦り、損が膨らむと「また上がってくるかもしれないし…」と目をつぶってしまう。勝率が高くても利小損大になっては投資には負けてるのでは本末転倒。学ぶことが多い本でした。

学ぶことがとても多かったので書ききれませんが、感想としてはこれくらいです。テクニカル指標についての話は非常に興味深く、そして理論ではなく田平さんが実践されての話なので説得力もあります。

FXに興味を持ち、投資を始める前の人は初心者投資家が陥る罠を知っておくべきなので必読の一冊になると思います。投資を始める前に、まずは自分に投資☆そして勝率・利益率アップ☆



現在のポジ:
USドル 買 117.64 LCP 118.04 現在の仲値 119.05
USドル 買 118.99 LCP 118.04
NZドル 買 80.42 LCP 80.82 現在の仲値 81.86

評価損益:+32,000円(スワップ含む)
スワップポイント:+5,445円


FX会社選びはまず比較『外為会社45社を比較、一括請求可
株・FXに興味がある人は証券会社がオススメ!『松井証券


人気blogランキングに投票をお願いします(^^)/
スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

相場力アップドリル【為替編】
現在ポジを持ってないので、アマゾンから届いた為替の本で勉強することにしました。買った本の1冊が矢口新の相場力アップドリル 為替編です。今回はこれについての感想を書きます。

【感想】
今まではDr.田平の本<ドクター田平の株よりローリスク! 1万円からできる>外貨で3000万円儲ける法だけで投資していたわけですが、俺の読み方が甘いのかもしれんけど、あの本では「FXは儲かるぞ!」と「MACDとストキャスティクスを指標にしろ!」ということくらいしか印象に残ってません。無論、FXのリスクについては書かれてたし、すごく良い本だと思います。俺がFX始めたのも、利益上げられてるのもDr.田平の本のおかげです。

ただ、FX始めたときに思ったこと、それは…

「為替ニュースの意味が全然わかりません…(T-T)」

利上げが行われると影響あるんだろな~くらいしかわからんかったわけです。だから、「えっ、なんで急にあがるの!?」とか、「上がりきったと思ったからショートしたのに、まだ上がるの~(ToT)」ということになっていたわけです。いや、過去形にするには早いか…。今現在もなってます。

そもそも為替が動くのも、どうして動くのかをよく知らなかったです。売買されるから高い値段でも欲しい!とか、政治的要因とかがあるから動くんだろな~くらい。いやホンマに。

今回読んだこの本は、説明編で、なぜ為替が動くのかを実需と仮需という言葉でわかりやすく説明してくれてます。ちなみに実需は貿易とかによるお金の動き、仮需は投機のこと。ボラティリティは投機・トレンドは実需によって作られるというのがバーン!と頭に刻み込まれたのでした。

そしてドリル編で、色んなパターンのニュースに対する考え方・動き方が理由とともに書かれてるのがよかったです。もちろん本当の動きは複数の要因が絡まっているに違いないのですが、考え方がわかっていれば「天井だろうからそろそろ下がるだろう、もう底を打ったろうから上がるだろう」という根拠のない逆張りに動くことはなくなりそうです

FXに慣れるまでは、ニュースを見るたびに見比べてみようと思います。ニュースがわからん~という俺と同じ悩みを持ってる人にはぜひオススメ!!




人気blogランキングに投票をお願いします(^^)

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

この本に出会ってFXを始める気になりました
株式投資の本は何冊か読みました。
そして株式投資の方法を色々と知りました。


ファンダメンタル投資(企業の業績で判断して投資)

テクニカル投資(チャートを分析して投資)

信用取引

IPO


しかし読めば読むほど難しそう・・・。
決算書の読み方とか・・・。本は持ってるけど・・・。
やっぱり経験してみないとわからないのかなぁ・・・。
会社四季報とか見て研究しないといけないだろうし。
自分の興味のある会社だけじゃなくて、色々な会社を調べないといけないかなって。

そんなときに出会った本がこれです!!


<ドクター田平の株よりローリスク! 1万円からできる>外貨で3000万円儲ける法


1万円から始めらるのに、外貨で3000万円儲ける法って、どういうことだ?

そもそも外貨預金でも利子の高いNZドルでも6%なのに・・・。

ちょっと興味が湧いてきました。株よりローリスクって書いてあったし。
まずは自分に投資することが大事って知ってますから、まずは読んでみないと始まらないですよね。

読んでみると、もう、すごいんですよ。
本当に目からウロコが落ちました。

何千とある会社から選ぶ株式と違い、FXで選ぶ外貨は7種類だけ!

株式の場合は株価が落ちたら塩漬けになってしまい、何も生み出さなくなるけど、FXではスワップポイント(利子)がつく!

株のリスクを知るのは経験がかなり必要だけど、FXはリスクを自分でコントロールできる!

外貨預金は1ドル110円の場合、1万ドルの外貨預金しようとしたら110万円必要だけど、FXなら5万円以下で1万ドル分の投資ができる!

しかも利子は1万ドル分の利子がつく!!


FXで投資してみよう!ってすぐに思いました。
これから元手の20万円を使ってFX投資を始めます!




人気blogランキングに投票をお願いします(^^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。