経験ゼロからのFX投資・株も始めました
FXで投資資金の半分を失った…。しかし、学ぶことも多かった。株もやる気になったし、FXと株を上手に使って資金を増やすぞ~!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッドとは
スプレッドって何?っていう話をします。
よくニュースで

「今日のドルは117円30銭から117円35銭で取引されています」

とかいわれますよね。(ちなみに↑の価格はダミーです)
経済にものすごく疎かった自分は

「へぇ~、たった5銭の間で取引してるんだ」

と普通に思っていました。ましてや、為替の動きがどれだけ国や企業に影響してるのかなんてサラサラ考えていませんでしたが、これは別の話。

この
「今日のドルは現在117円30銭から117円35銭で取引されています」
というアナウンスにどういう意味が含まれてるのかというと、

「あなた達が買う(LONG)場合は117円35銭で売ってあげます。

 あなた達が売る(SHORT)場合は117円30銭で買ってあげます。」


ということです。この売買の値幅をスプレッドといいます。簡単にいうと、買った(売った)時点で損する金額を表してます。

今回の例ではスプレッドは5銭ですネ(117.35-117.30=0.05)
レバレッジなしで1万ドル買ったとすると(117.35*10,000)、117万3500円で買いました(手数料省く)。しかし、買ってすぐに売ると市場は117.30円でしか買ってくれないので(117.30*10,000)、117万3000円にしかならないことになります。最初から500円の損です。手数料がつくところではさらに損が上乗せされます。

私はパチンコやらないんでよく知らないですけど、パチンコの玉も売値は高いけど買値は安いと聞いたことあります。これと似てるなーって思ったんですけど、感覚的に掴めませんかね?

高いほうが市場の売値で、私たちが買うとき。
この値をアスクまたはオファーと言います。
上の例では、117.35のほうです。

安いほうが市場の買値で、私たちが売るとき。
この値をビッドと言います。
上の例では、117.30のほうです。

スプレッドは、なるべく離れていないほうがよいです。買った時点で損をする金額なので、手数料の一部と考えたほうがよいと思います。売買手数料が無料でもスプレッドが離れてるところは手数料を見せかけだけ安くしてると思ってもらって構いません。

デイトレする人はスプレッドが安くて手数料無料のところがよいでしょう。

しかし、手数料とスプレッドでFX業者が儲けていることを考えると、すべてが低価格すぎるところは業者の儲けが少ないわけなので多少怪しい感じもします。だんだん健全なFX業者のみになってきてるとはいえ、FX業者破綻のリスクも考えて業者選びをしましょう!

現在のポジ:
USドル 買 117.64*10,000 LCP 118.64 更新時仲値 119.85
USドル 買 118.60*10,000 LCP 118.80
NZドル 買 80.42*10,000 LCP 82.42 更新時仲値 83.50

更新時の評価損益:+69,488円(スワップ含む)
スワップポイント:+6,645円


まずバーチャルで練習!外為トレード選手権「FX1」
キャンペーン中!格安手数料の【為替マーケット】
Dr.田平の新刊です!【田平雅哉のFX「スイングトレード」テクニック】


人気blogランキングに投票をお願いします(^^)/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxchan.blog20.fc2.com/tb.php/87-bc842378
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。